白山紬 の名古屋帯を買取いたしました 2017.02.02

キャプチャ

買取させて頂きましたのは、逸品の白山紬に贅沢なたたき染を施した、名古屋帯でございます。

白山紬は、もともと石川県白峰村で織り出された紬(現在の牛首紬)でしたが、
金沢市近郊で織元独自の登録商標として発展をしてきました
高価な牛首紬が手引き糸からおられるのに対し、白山紬は力織機を使い、
機械製糸で織り上げられております
風合いがとてもよく似ておりますが染め上がりの艶や頑丈な生地感、裾さばきの良さは
牛首紬に勝るとも劣らぬ豪華な質感があります。
紬でありながら光沢があり、紬の好きな方に大変人気の高い織物でございます。

一点一点丁寧に査定をさせて頂くからこそ逸品を高価買取させて頂くことができます

お品の種類や価値をご存じなくても一点ずつ丁寧に拝見させて頂きますので

是非お気軽にご相談くださいませ


2017-02-02 | Posted in その他紬, 白山紬, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事