訪問着 辻が花 着物買取 菊乃屋 高価買取

訪問着を買取させて頂きました。
辻が花文様がほどこされた着物でございました。



絞り染の技法の全盛期は室町時代で、
この時期に絞り染の技術も種類も格段に進歩しました。

辻が花が生まれたのもこの頃で、室町末期から桃山時代にかけて大流行し、
桃山時代を過ぎると姿を消したことから「幻の辻が花」といわれています。

縫い取り絞りという模様の輪郭を細かく縫うことによって
絵画的な模様を絞り染で表現したものを「辻が花染」といい、
染残した部分にカチン染め(墨描き)や紅で花模様を描いたり、
中には摺り箔や刺繍をあしらうこともありました。






(((着物買取専門 菊乃屋 )))
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号  0120-961-882
【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】


2020-03-09 | Posted in お知らせ, その他, 訪問着, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事