華やかな花文様が美しい本袋帯を査定いたしました。

現代の一般的な袋帯は、表側に絵柄があり、裏側は無地で、その二枚の生地を袋状に縫ぬい合あわせてあります。
一方「本袋帯」とは、表地と裏地が1枚の筒状の生地で織られています。

つまり、縫い合わせて袋状に仕立てたものではなく、織る時点で袋状に織られるため
本袋帯を織る職人は、織り上がるまで文様が見渡せないため、高度な熟練技術が必要とされます。

高い技術と長い製作期間で織られた本袋帯ですから、当然のことながら生産数量には限りがあり、高価で貴重な商品といえますね。

本袋帯のメリットといえば
・帯の両端りょうはしに縫い目がないため薄手うすでの帯になり、軽くてしなやかです。
・表裏が同生地なので違和感いわかんがなく、締め心地が良く快適です。
・永年の使用にも、表地と裏地との伸縮性しんしゅくせいの違いによるデコボコや膨ふくらみが出ず、いつまでも帯の表面が綺麗きれいに保てます。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

 

おすすめの記事