唐織が美しい袋帯を査定いたしました。

着物の世界では豪華な袋帯や丸帯、花嫁衣裳に多く用いられる「唐織(からおり)」。

もともとは中国から渡来した織物の総称ですが、一般的には、綾織地の上に金糸、銀糸をはじめとした色鮮やかな色糸を使い
草花や紋様などの柄を刺繍のように織り出す浮織の技法を用いて織られた最高級織物のことを唐織とよんでいます。

先染めした糸を使って絵柄を織っていく、その工程は20あまりに及び、それぞれ専門の職人により分業されています。

独特の立体的表現と重厚感が特徴で、作り上げるのに膨大な手間がかかるからこそ、その柄は見る人を惹きつけます。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事