袋帯 西陣織 七宝文様 正絹 振袖 しっぽう きものかいとり

 

七宝文様が美しい華やかな西陣織の袋帯を査定いたしました。

七宝文様とは、円形が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満、調和、ご縁などの願いが込められています。
この七宝を繋いだ「七宝繋ぎ文様」が、更なる繁栄、子孫の繁栄、人の縁・関係性の円満を志向する縁起の良いことを意味しています。

吉祥文様であり有職文様でもある七宝文様の由来は、仏教の経典に出てくる七種の宝のことです。
七宝とは、金・銀・瑠璃・玻璃・しゃこ貝・珊瑚・瑪瑙であるとされています。
宝の柄とあって、貴族に好まれた有職文様であったのも納得ですね。

また、ご縁は七宝と同様に貴重で大切なものであるという意味もあるそうですよ。

おめでたい場にふさわしい文様です。
ぜひ、お祝いの席などでは七宝文様の着物や帯を身に着けてみてはいかがでしょうか。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

 

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 


関連記事