買取実績ブログ

【全国】アンティークのお品買取しています。

アンティークの買取について

最近とても人気のアンティークのお品も当店では1点1点丁寧に査定させて頂いております。

やはり年代物のお品になると、シミ汚れや黄変が目立ってまいりますが
アンティークのお品は、「大正ロマン」「昭和レトロ」というように人気が高く、需要があるものになります。

もちろん、状態の良いアンティークのお品物は1点ずつお値段を付けさせていただいておりますが
シミ汚れ等があるお品でも、おまとめしてお値段をお付けさせて頂くこともございます。

おうちに眠っているお品がございます場合は、是非当店にお送り下さいませ!

もしお値段がつかないお品がございましても、お客様がご返送をご希望されません場合には
すべてお引き取りさせて頂きます。

お引き取りさせて頂きましたお品は出来る限り有効活用させて頂き、どうしても当店での活用が難しいお品につきましては
吊るし雛を製作しているボランティア団体等に寄付させて頂き、大切に使わせて頂きます。

お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

女の子の一つ身を買取しました。【千葉県のお客様より】

 

買取について

正絹の女の子の一つ身を買取りさせていただきました。
状態も良く大切にされていた事が伝わるお品で、私共も一層身を引き締め大切に査定をさせて頂きました。
大胆な「束ね熨斗」文様が華やかで、お子様の晴れの日にピッタリのお品物でございました。

 

お子様のお着物について

一つ身は、お宮参りの際に赤ちゃんに着せる祝い着のことです。
生まれた土地の守護神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんが無事誕生したことを報告し、これからの健やかな成長をお祈りします。
お宮参りや七五三など、お子様が袖を通すお着物には、おめでたい意味を含む吉祥文様が描かれ「束ね熨斗」もその一つです。

現在は、古典柄が人気で、お色目や素材によって買取価格に影響いたします。
当店でも現在の需要を見極め、高額買取に繋げております。

 

お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

大島紬を買取しました。証紙付き【兵庫県のお客様より】

買取について

大島紬を買取りさせていただきました。証紙も残っており、多少の汚れもございましたがとても良いお品物でした。
上品な花文様やお色目的にも需要も高い為、高価買取りとなります。
大切にされていた事が伝わるお品で、私共も一層身を引き締め大切に査定をさせて頂きました。

大島紬について

大島紬は、鹿児島県の奄美大島を中心に作られている世界三大織物としても有名な絹織物で
光沢のある質感の生地は、丈夫でしわになりにくく、親から子へ長く愛用して頂けます。
とても軽く、着れば着るほど体に馴染みむ大島紬は、着る人に心地よい感覚をあたえてくれます。

その中でも、奄美大島で作られた大島紬には「本場奄美大島紬」という認定マークが付けられており価値が高くなります。
証紙がついているか、マルキの多さ、柄ゆきなどによって買取価格にも影響いたします。


お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

法人様より大量のお品物を買取しました。【神奈川県の法人様より】

買取について

法人様から、着物や帯、羽織、長襦袢など様々な和装関係のお品物を買取りさせていただきました。
年代物のお品物が多く、シミや汚れもございましたため1点ずつでは、お値段をお付けするのが難しく、今回は「まとめて」の買取りとなりました。

中にはお値段をお付けできないお品物もございますが、当店で引き取りをさせて頂いたお品物は、ボランティア団体等にお譲りし、できる限り再利用させて頂いております。
思い出の詰まったお品物を捨てるのは心苦しいというお声をよく耳にします。そういったお客様は、是非当店をご利用下さい。

法人様へ

最近、法人の方からのご相談、買取が増えております。
廃業される法人様や、遺品整理等される法人様より多くご依頼やお問い合わせを頂いております。
和装関係のお品物の処理でお困りの際は、是非当店にご相談下さいませ。
査定させて頂きます量が多い場合は、一度お問い合わせ頂けますと幸いでございます。


お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

綸子地の男性物のお着物を買取しました。【愛知県のお客様より】

買取について

男性の綸子地のお着物を買取りさせていただきました。女性物と比べ男性物のお品は、買取の数が少なく大変貴重です。
状態も良く、人気のお色目であったため高価買取となりました。

 

綸子について

綸子とかいて「しゅす」あるいは「りんず」とよみます。
綸子は、経糸、緯糸ともに撚らない糸をつかって織りあげた繻子織りの一種で、後染め用の生地です。
地紋が浮き出ており、縮緬よりも生地に厚みはありませんが、光沢があり手触りが滑らかでやわらかいのが特徴です。
高級感のある綸子地のお品物は需要が高く人気がございます。

お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

博多織の袋帯を買取しました。金証紙付き【東京都のお客様より】

買取について

博多織りの袋帯を買取りさせていただきました。証紙も残っており、大変綺麗な状態でした。柄ゆきも新しく需要も高い為、高価買取となります。大切にされていた事が伝わるお品で、私共も一層身を引き締め大切に査定をさせて頂きました。

 

博多織について

博多織は年代問わず今でも人気の高い種類です。博多織には専用の証紙があり、その中でもランク分けがされているという事をご存じでしょうか。今回査定させていただいたもののように、金証紙は絹が50%以上である事を証明しており、博多織の中でもランクが高い事を証明しています。

この証紙がついているか、またついていた場合、どのような種類なのか

によって買取価格にも影響いたします。

プロの知識で高級着物や高級帯をしっかりと見極め、高額買取に繋げております。

 

お問合せ

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。

ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

アンティーク 銘仙 着物 昭和レトロ お洒落 きものかいとり

アンティークの銘仙のお着物を査定いたしました。

銘仙は、平織した絣の絹織物で、鮮やかで大胆な色遣いや柄行きが特徴の先染め織物のことをいいます。
上物の絹織物には不向きな、屑繭や玉繭から引いた太めの絹糸を緯糸に使って密に織ったものを指し、絹ものとしては丈夫で安価でもあったため、
大正から昭和にかけて女性の普段着やお洒落着として日本中で流行しました。

銘仙では、経糸の色と緯糸の色を意図的にずらしながら織ることで、通常の平織りでは見られないにじんだような優しい色と柄に仕上がります。
その特徴的な風合いから「アンティーク着物」と呼ばれることもあり、幅広い年齢層から支持を集め、アンティークな和装のシンボルとして存在するようになりました。

銘仙の代表的な産地として、栃木・足利銘仙、群馬・桐生銘仙、群馬・伊勢崎銘仙、埼玉・秩父銘仙、東京・八王子銘仙の5つが挙げられます。
それぞれの地域によって生みだされる銘仙には色や柄に違いがあります。
産地ごとの銘仙を見比べてみるのも楽しみの一つですね。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

 

 

七五三 七歳 女の子 着物 帯 お祝い 子供 帯解き きものかいとり

七五三の七歳用のお着物と帯を査定いたしました。

七五三の由来は、平安時代に行われた、3歳の「髪置き」、5歳の「袴着」、7歳の「帯解き」の儀式にあるといわれています。
江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。
なお、帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていましたが、江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳になるとおこなうように変わったようです。

ちなみに、11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が自身の子供である、後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日にちが関係しているようです。
お祈りをしてもらった綱吉はその後、元気に育ったことから、この日にちを七五三をお祝いする日として定められたという経緯があります。

昔は子供の死亡率が非常に高かったため、このような節目に成長を祝い、子供の長寿と幸福を祈願しました。
医療が発達した現代でも、子供を思う親心に変わりはなく、七五三というかたちで受け継がれてきたのですね。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。


【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

 

 

丸帯 日本刺繍 アンティーク 鷹 逸品 正絹 きものかいとり

豪華な日本刺繍が施されたアンティークの丸帯を査定いたしました。

日本刺繍の歴史は古く、5世紀ごろに仏教と共に大陸から伝えられたのが始まりと言われています。
その後、刺繍が衣類の装飾に多用されるようになると、日本独自の技法が次々と創作され、現在使われている技法の殆どが、桃山時代から江戸時代の職人たちの手によって完成されていきました。
明治・大正時代には、緻密な技法を凝らした刺繍が流行し、今に残る着物や半襟、帯などにその素晴らしい職人技の粋を見ることができます。

日本刺繍を施すのは正絹の生地です。正絹の生地に絹糸で刺繍をしていきます。
そして西洋刺繍との違いは、何と言っても糸から作るということ。正確には糸を撚る(よる)ところから始まるのです。

日本刺繍で使う糸は絹糸で『釜糸(かまいと)』と言い、蚕の繭から繰りとったそのままの状態の細い絹糸が10本〜12本集まった束で、撚りがかかっていません。
「撚り棒」という道具を使ってこの撚りがかかっていない釜糸に撚りをかけて刺繍糸を作ります。
刺繍する図案や刺繍の技法に合わせて糸の太さはもちろん、撚りの加減を変えたり、色を混ぜたりと刺繍糸を作っていくのです。

糸だけでも大変手間がかかるうえ、刺繍の技法だけで40~50種類、応用に至っては数百種あるという技法を組み合わせて繍われます。
そうして作り上げられた作品は、その繊細な色使いと立体感、絹糸の光沢、古典文様を中心とした洗練された図案など、日本刺繍は格調とその美しさで見る人を魅了します。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

 

袋帯 西陣織 七宝文様 正絹 振袖 しっぽう きものかいとり

 

七宝文様が美しい華やかな西陣織の袋帯を査定いたしました。

七宝文様とは、円形が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満、調和、ご縁などの願いが込められています。
この七宝を繋いだ「七宝繋ぎ文様」が、更なる繁栄、子孫の繁栄、人の縁・関係性の円満を志向する縁起の良いことを意味しています。

吉祥文様であり有職文様でもある七宝文様の由来は、仏教の経典に出てくる七種の宝のことです。
七宝とは、金・銀・瑠璃・玻璃・しゃこ貝・珊瑚・瑪瑙であるとされています。
宝の柄とあって、貴族に好まれた有職文様であったのも納得ですね。

また、ご縁は七宝と同様に貴重で大切なものであるという意味もあるそうですよ。

おめでたい場にふさわしい文様です。
ぜひ、お祝いの席などでは七宝文様の着物や帯を身に着けてみてはいかがでしょうか。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

 

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております