相良刺繍、スワトウ刺繍の袋帯を宅配買取いたしました。2017.02.17

hh5555_2 hh5555_5

贅沢に、相良刺繍とスワトウ刺繍が施された袋帯を買取いたしました。

相良刺繍もスワトウ刺繍も、共に中国三大刺繍と言われており、美しく手の込んだ刺繍が現在でも人気です。

相良刺繍は糸を裏側から通した後、表側に結び玉を作ります。これを様々な色糸を使いながらいくつも連ねて縫うことで、文様を表現します。大変手間暇のかかる作業です。
しかし他の刺繍と比べ、引っかかって引きつってしまう心配がないことから、見た目の美しさだけでなく丈夫で実用性もあります。
スワトウ刺繍は中国広東州東部の町「汕頭(スワトウ)」が発祥と言われています。
ヨーロッパの感性がくみ取られ、異国文化の融合によって現在の形に至った経緯がございます。
特徴としては、透かしのような空間が、刺繍の間に作られるところです。相良刺繍同様に、手の込んだ美しい刺繍として着物や帯に使われます。

このような刺繍が施された着物や帯は、手作業が作る逸品として高価買取をさせていただいております。


2017-02-17 | Posted in 袋帯、名古屋帯, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事