小千谷紬とは

産地について

新潟県小千谷市周辺で作られている織物のことを言います。

雪深い地域として知られる小千谷地方では、古くから越後上布と呼ばれる麻布が織られてきました。

買取では、証紙などがなく何もわからずお送り頂き、査定の結果小千谷紬だったため、思いの他高価買取となった例もございます。

特徴について

着物に仕立てた時の霞がかかったような柔らかな印象は緯糸の紋様に玉繭の糸の経糸が重なることで作り出されます。

「緯総絣」で織られる絣や縞などの模様のほかに無地や白紬が作られています。

小千谷紬_白地
小千谷紬_生地アップ

小千谷紬の特徴は真綿の手紡ぎ糸のふっくらと軽くて温かみがある風合いや絹の光沢となめらかな手触り、素朴な味わいです。気軽な外出着などとして用いられています。

歴史について

やがて新しい機織りの技法が伝わると 小千谷を中心として麻の縮布として広まったのが小千谷縮。
独特のシボがあり、紋様が緯糸のみで作り出されます。この小千谷縮の伝統的な技法と1000年以上も続く越後上布の技術を取り入れて織られる紬が小千谷紬です。

小千谷紬の買取相場

~ 55,000円前後

もちろん下記のような高価買取査定のポイントを押さえていれば、これ以上の価格がつく事もございますし、その逆もあります。あくまで目安の一つとしてお考え下さい。

小千谷紬の高値査定が出るポイント

■着物の状態が良い

査定額に大きく影響するのが、汚れ・シミ・黄変・虫食い・色やけ(色あせ)・カビなど保管の状態です。このような汚れ等は、綺麗にするには高額、また、取りきれない事もあります。そのため綺麗であればあるほど高額買取に繋がります。

■サイズが普通~大きめ

着物は洋服と違い仕立て直すことができるのがメリットですが、丈や幅が短いものは仕立て直すことができないため、普通サイズ以上が好まれます。また少しのオーバーサイズは着付けで調整できる等、大き目の方がメリットが大きいです。

■落款や証紙がある

落款や証紙がなくても売却は可能ですが、着物の証明書ですので、ある方が高額買取が期待できます。証紙は必ず着物と一緒に保管することをおすすめします。

小千谷織物同業協同組合の証紙付き。経済産業大臣指定伝統的工芸品証紙もついていました。とても価値のある逸品でした。
こちらは小千谷紬と表記がありますが、伝承マークや小千谷織物同業協同組合の証紙がない為価値が下がります。

ブランド、工房など

越後おぐに「くるまや工房」、大新織物などがあります

小千谷紬の反物もOK

当店菊乃屋では、反物の小千谷紬も査定承っております。

反物の状態でも買取可能ですので、是非お送りください。反物ですと証紙が残っている事も多く、高価買取に繋がる場合がございます。

【スタッフより】
他店の買取り業者で、着物以外は査定しない、シミ汚れがあると査定できない・・・
なんてこともあるそうで、
ご心配されよくお問い合わせ頂きます。
もちろんシミ汚れがあるお品でも査定させて頂いております。
シミ汚れがありますと査定金額にひびきますが、お品のご返送をご希望されません場合にはすべてお引き取りさせて頂きまして、シミ汚れがあるお品でもボランティア団体等に寄付させていただいたり等し出来る限り活用させて頂いております。
ご安心して是非お送りくださいね!

当店は女性スタッフのみで運営しております為
お問い合わせももちろん女性スタッフで対応させて頂いております。
ご不明な点等ございます場合もご安心してお問い合わせ下さいませ。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
TEL 0120-981-882


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事