着物買取の時に、着物の専門店以外にも、貴金属やブランド品も取り扱う総合買取店もあります。そういった買取店と比べ、着物の専門店だとどのようなところが魅力的なのか、メリットはもちろん、デメリットも含めお伝えいたします!

着物買取専門店が買取った着物や帯

着物の専門知識が豊富

着物や和装に関する専門知識を持っているため、適切な評価や買取価格を提供することが可能です。

着物は長い歴史のある民族衣装です。そのため、着物の産地や流行の変化、作家の事など、膨大な情報があります。それらを適切に理解し、買取価格に反映させるためには着物や和装に関する専門性が重要となります。これからは一朝一夕で身につけられるものではありません。

品質や価値を正確に見極めることができるので、公正な価格で買い取ってもらえる可能性が高まります。

経験が豊富

専門店は多くの着物を取り扱ってきた経験があります。そのため、異なる時代やスタイルの着物に対する知識や経験が豊富であり、査定や買取において的確な判断ができます。また、例えば大島紬ですと偽物の証紙があったり加賀友禅でも、落款などまで似せてつくった着物も流通しています。

貴金属、ブランドの営業がない

総合買取店ですと、着物はあくまでも入口商材で、貴金属やブランド品を目的としているところも少なくありません。そのため、着物の買取として依頼をしたのに、貴金属・宝石・ブランド品をしつこく営業されたという事例もあります。着物は二束三文になってしまった…というお話も実際に買取をした方から聞きました。

その点着物買取専門店であれば、着物のみの取扱いのため、そういった心配はありません。

丁寧な取り扱い

着物買取専門店では、着物に熟知した査定員がおり、着物の扱いもしっかりしています。

例えば弊社着物買取専門店の菊乃屋では、着物は湿気が多いとカビの原因になったり、直射日光により色焼けをしてしまうという性質特性を理解しています。そのため、湿度管理し直射日光が入らないように配慮された部屋で買取を行います。

また、シワにならないよう着物のたたみ方にも十分に配慮しています。

専門店のデメリットとは

ブランド品や貴金属は取り扱っていないため、色々なものの買取を依頼したい方には総合買取店がおすすめです。

ただし、着物買取専門店でも、帯留めや髪飾りには珊瑚やパール、べっ甲、スワロフスキーなどが使用されている事もあり、これらの知識においては豊富ですので買取を依頼しても良いでしょう。

まとめ

思い入れのある大切な着物を適正な価格で査定を希望している方には、着物買取専門店がおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事