柿渋染めの上品な帯を買取いたしました 2018.01.27 着物買い取り専門店 菊乃屋

 

柿渋染め独特の茶の色目が品よく渋くお洒落な帯を買取いたしました

柿渋染め(かきしぶぞめ)は古くから庶民の生活の中で日常的に用いられました。

高い防水・防腐・防虫効果を持ち、漁網、醸造用絞り袋、染色用型紙や、渋団扇、紙衣,和傘などあらゆる日用品に塗られていました。

柿を未熟な青柿のうちに採取し、粉砕・圧搾して得られる渋液を冷暗所で熟成させます。

渋取をした時は黄緑色ですが、時間がたつにつれ茶色にかわります。

その柿渋を何回も塗り重ねると鮮やかな「柿渋茶」を発色し、化学染料にはない独特の風合いになります。

手間暇かけて作り上げられる帯地とそしてさらに手間暇かけた加工による染技法の施されたお洒落な帯は

証紙もついた状態での買取となりました。

是非大切にあつらえられた思い出のお品などはお仕立てされた際のあまりぎれなどの中から

証紙等一緒に合わせてご送付くださいませ。

証紙のある・ないだけでも査定額が変わります。

高価買取させていただきますためにも証紙付きでのご送付をお願いいたします。

 

電話番号

0120-961-882

【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】

 

着物買取専門
高額買取安心買取の菊乃屋

http://kimono-online.net/


2018-01-27 | Posted in 袋帯、名古屋帯, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事