琉球絣の帯 菊乃屋

先日買取させて頂きましたこちらの帯。

こちらは琉球絣になります。

 

 

琉球絣とは・・・?

沖縄本島の南風原(はえばる)町で制作されている手織紬です。

 

この沖縄に伝わる絣織物は日本の絣文化の源流と捉えられています。

そもそも絣はインドを発祥として、

東南アジアを経由して、交易地であった琉球王国に伝わったと言われています。


そしてそれ以降、数百年掛けて琉球の風土/文化に馴染んだ絣織物として現在の「琉球絣」の”かたち”となって行った訳です。


琉球絣が、米沢紬の絣模様や本場結城紬の絵絣とは違う空気を伝えるのは、「南国の織物だから」と言うよりも、

そもそもの歴史が物語っているのかもしれません。


ですから、南風原で制作される琉球絣は絣織物にありがちな民芸的な空気よりも

沖縄、琉球の空気が色濃く感じられます。

 

 

お着物の知識がなくても全然大丈夫です。

当店では約10年査定をさせていただいております着物に詳しい女性スタッフが

1点1点丁寧に査定をさせていただいております。

 

女性スタッフしかいない菊乃屋だからこそ

女性ならではの繊細で丁寧なお仕事をさせていただいております。

 

もしお着物のことでご不明な点がございました場合は

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

(((着物買取専門 菊乃屋)))

営業時間 10:00~17:00

定休日 土日祝

電話番号  0120-961-882

【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】


2019-02-15 | Posted in お知らせ, 年代物, 袋帯、名古屋帯, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事