大島紬を買取

先日大島紬を買取させて頂きました。


大島紬をはじめとする有名な織物は
高額査定金額がでやすいお着物の1つでございますが、
シミ汚れや黄変等の状態によって金額は大きく左右されます。


お着物の保管方法としては桐箪笥がよいと昔からよく言われます。
その一番の理由に、桐箪笥は湿気を寄せ付けにくいという特徴があるからです。

湿気が多いとお着物によくないのは、お着物が「湿気を嫌う」から。


つまり湿気の多いところだと、着物にカビが生えやすくなって、
お着物を傷めてしまうからです。

日本の風土は多湿なので、長期間保管されていると、
どうしてもカビが付きやすい環境になってしまうのです。

そこで吸湿性に優れた桐なら、湿度が高くなると湿気を吸収して膨張します。
そして湿度が低くなると湿気を放出し収縮します。

桐箪笥が雨の日に開けにくく天気のよい乾燥した日には
すーっと戸があくのはそのためです。

湿気の多いときに膨張した桐箪笥は、
箪笥の気密性を高めるので外気の湿気が入りにくくなり
着物に余分な湿気が含まれにくくなるわけです。

それで着物は余分な湿気をためることなく、カビの発生を予防できるというわけです。

逆に湿度が低くなると箪笥が収縮し隙間ができます。

すると箪笥の中に湿気を取り込みやすくして、
自動的に箪笥内の湿度が一定の範囲で保たれることになり、カビの発生を防ぐことができるのです。


1度も着たことがないお着物なんです、とよくご質問頂きますが、
保管方法によっては1度も着ていないお着物でも
中を確認してみるとカビが生えている・・・なんてこともございます。


当店では1つ1つ丁寧に査定させて頂いております為、
そういったカビやシミ汚れ等を見つけることもございます。

しかし、だからこそいいお着物や貴重な織物等は
ご納得のいく査定金額をご提示させて頂いております。

是非一度当店へお送り下さいませ。




(((着物買取専門 菊乃屋)))
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号  0120-961-882
【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】


2019-03-28 | Posted in お知らせ, 大島紬, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事