長井紬

長井紬を買取させて頂きました。

長井紬は山形県長井市およびその付近一帯で産出する紬織物。
江戸時代に米沢藩主の上杉鷹山が奨励したことにより、発展を遂げました。
明治初期頃、新潟県十日町から指導者を迎え絣技術が広まりました。


よこ糸に生糸、たて糸に紬糸
または玉糸を使用した平織りの横絣で銘仙よりも一格上とされています。

色調は素朴で味わいのある紺や鼠、茶などが多く、
古典的で大き目の柄が特徴です。


長井紬の代表的な柄に琉球産の織物に似た絣柄があり
そのため米沢琉球絣、略して米琉絣ともよばれます。





真綿や賜糸を用いて、先染めの経糸と緯糸の柄を袷ながら織る緯総絣と
経緯併用絣などの技法で織られる長井紬は、
米沢、白鷹と合わせた三つの地方を置賜地方とする置賜紬のひとつに数えられ、
伝統工芸品に指定されています。




(((着物買取専門 菊乃屋)))
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号  0120-961-882
【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】




2019-04-12 | Posted in お知らせ, その他紬, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事