黄八丈の帯

黄八丈の帯を買取させて頂きました。

黄八丈とは東京都八丈島原産の紬の一種で、
黄色を主色とした縞または格子柄の先染絹平織着尺地になります。


特徴は数十回も繰返される染色法。
かつては島の植物による天然染料で染められ、
黄は八丈カリヤス、茶はタブノキの樹皮、黒はシイの樹皮を用い
それぞれ灰分、鉄分を媒染剤としております。


その後次第に塩基性染料に代わって主色の黄、茶、黒、白に
2~3色の中間色を加え独特の配色をするようになりました。



江戸時代以降地方特産織物として著名になり、
現在は民芸織物として珍重されております。

ちなみに他の地方で織られた類似品に米沢八丈、秋田八丈などがございます。


黄八丈の特徴である黄色を主色としており、
比較的綺麗な状態での買取となりました。


(((着物買取専門 菊乃屋)))
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号  0120-961-882 
【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】


2019-05-16 | Posted in お知らせ, その他紬, 袋帯、名古屋帯, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事