草木染めの紅花紬の買取 高価買取 菊乃屋

こちら先日買取させて頂きました草木染めの紅花紬。


紅花紬は・・・
山形県米沢市で織おられる紬です。

紅花紬には紅系の色を中心に黄色・オレンジ色などの縞柄や格子柄などがあり
渋色柄が多い紬の中では優しく華やかです。

紬が持つ素朴な味わいに上品さがありますので、
モダンで高級なお洒落着として年齢に関係なく愛用されています。


江戸時代、紅は高級な口紅の原料として
米沢藩の財政を支えるご禁制品でした。


紅花から取れる染料は99%が黄色、残りのわずか1%が赤ですが
天然から採取できる植物では唯一紅花しかありません。


一反の赤い着物を染め上げるには90万輪もの花が必要だといわれています。

ですから紅花は金の10倍、
米の100倍と言われるほど高価なものでした。


紅花から染められた糸が太陽光線に触れてはじめて淡く柔らかいピンクに発色します。

その発色具合は温度や湿度で微妙な変化をし、
なかなか思い通りの色合いが出ず今でも染色家の悩みの種でもあります。


それだけに商品として完成したときの喜びは、
何ものにも変えがたい感慨があるようです。





(((着物買取専門 菊乃屋 )))
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号  0120-961-882
【女性スタッフが丁寧に対応させて頂いております】


2019-08-23 | Posted in お知らせ, その他紬, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事