スクリーンショット (4)
スクリーンショット (3)

由水煌人とは加賀友禅作家

加賀友禅といえば、金彩を使わずとも高級感があり、大変上品で人気がございます。

この加賀友禅は1人の職人がすべての工程を作業するという特徴がございます。

手間暇をかけ、卓越した職人技によって生み出されるお着物には、必ず作者の「落款」がついてございます。

これにより加賀友禅の作者を特定できるのですが、その加賀友禅作家の中でも

特別価値ある方の1人とされていますのが、由水煌人です。

由水煌人は初代由水十久の長男で、古典的な伝統ある加賀友禅に現在の感覚を取り入れており、色彩と表現力の高さが特徴的です。

また親である初代由水十久も童子を好んで描く友禅作家で、その跡を継ぐ二代目由水十久は由水煌人の長男と、友禅作家の血を受け継ぐ一家です。

由水煌人の着物を高価買取するには?

由水煌人の作品や、由水十久のお着物の買い取りに、特別力を入れさせていただいております。

着物だけでなく、帯がセットとなっているのも良いでしょう。

また、1人の職人が手作業で絵付けを行っていくことから、絵柄の中に長い線があると高い技術を必要とすると言われ、また多くの絵付けをされているほど手間がかかっているとされて、高値での買取となりやすいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事