紬 立涌文様 正絹 たてわく たちわき きものかいとり

立涌文様の紬を査定いたしました。

立涌文様(たてわく・たちわき)とは、格式高く縁起のよい日本の伝統文様の1つです。

立涌はふくらみとへこみが交互に連続する文様で、池や沼から水蒸気が立ち上る様子をデザイン化したものだといわれています。
そのため運気を上げる有職文様として好まれてきました。

ちなみに有職文様とは、平安時代以降に公家階級で装束・調度などに用いられていた伝統的な文様のことを指します。
つまり、階級によって身に付けられる模様が決まっていたという格式高い文様で
この立涌文様は、正倉院の宝物としておさめられている古裂(いわゆる「正倉院裂」)にもよく見られます。

曲線の膨らんだところに、雲・波・藤・菊などのモチーフを入れ、雲立涌・波立涌などバリエーションが豊富です。
立涌の着物はおめでたい柄として通年着ることができます。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

 

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております


2022-04-18 | Posted in お知らせ, その他紬, 大手呉服店, 法人の着物買取, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事