袋帯 青海波 正絹 割付文様 きものかいとり

青海波文様の華やかな袋帯を査定いたしました。

青海波文様は、形の特徴としては、半円形を重ねたものを鱗状に並べることで「波」を表しいてる、割付文様のひとつとなります。
広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、無限に広がる波の文様に未来永劫へと続く幸せへの願いと、
人々の平安な暮らしへの願いが込められた縁起の良い柄です。

『青海波』柄は、「ササン朝ペルシャ(226-651年)」で生まれたものが、シルクロードを経て中国に伝わり、中国から飛鳥時代の日本に伝わったとされています。
日本古来というよりは、日本に伝わったものという感じですね。

平安時代に書かれた源氏物語の中には、『青海波』という雅楽を舞う若き光源氏の姿が描かれています。

青海波は、とても縁起の良い柄であり、幸せを呼ぶと言われています。
着物や帯、和装小物などで、身につけておくと何か良いことがあるかもしれませんね。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております


関連記事