黒留袖 正絹 束ね熨斗 結婚式 華やか きものかいとり

大胆な束ね熨斗文様の華やかな黒留袖を査定いたしました。

熨斗(のし)と聞くと、お祝いの封筒や、熨斗紙の右上に描かれていたり、一般的にお祝い事の時に添える飾り物をイメージされる方も多いと思います。

熨斗というものは元々、貝のアワビの肉を薄く剥がして乾燥させたもので、江戸時代以降、古事の贈り物や引き出物に添えられたのが始まりとされています。
昔は鮑が使われていたんですね。驚きです。

そして、その熨斗を束ねる「束ね熨斗文様」は、多くの人たちから祝福を受けていることや、人と人との繋がり、
その長さからは、長寿の象徴とされ、様々なおめでたい意味を含む吉祥文様とされています。

その文様の特徴から婚礼衣装などに多く使用され、晴れの日にピッタリの文様といえます。
特に振袖によく描かれる束ね熨斗文様は、大胆で躍動的な構図が大変美しく見た人を惹きつけます。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております


2022-05-20 | Posted in お知らせ, その他, 大手呉服店, 法人の着物買取, 買取実績ブログComments Closed 

関連記事