名古屋帯 ひげ紬 正絹 レトロ 梅文様 きものかいとり

梅文様が可愛らしい、ひげ紬の名古屋帯を査定いたしました。

ひげのように糸が飛び出したモシャモシャとした独特の味わいが人気のひげ紬。
男性向けの羽織や着物の生地として多く見られます。

ひげ紬とは、紬の糸の一部を織り込まずに糸の端を表面に出して織りあげることで、
ひげが生えているような表情が生まれる紬のことで、「網織紬」とも呼ばれています。、

もともとは、古い漁網などの廃物を解いて織り込んだ際に、意図しない結び目が飛び出しているような粗野なものでした。
ただし、現在では糸が飛び出る様子が意匠的に面白いということで、意図的に加工し髭糸を作り織り込みむことで作られています。

思わず手で触れてみたくなる、独特の風合いで、存在感のある表情が魅力です。
その遊び心に粋を感じます。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

 

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております

 

 


関連記事