名古屋帯 夏 単衣 正絹 とんぼ トンボ 勝虫 縁起の良い きものかいとり

トンボ文様が可愛らしい夏の名古屋帯を査定いたしました。

夏着物や帯、浴衣によく用いられる文様のひとつにある昆虫が使われているのをご存知でしょうか?
それは「トンボ」です。

トンボは前にしか進まず退くことができないため、勇猛果敢で勝負強い虫として、勝利を呼ぶ虫「勝虫」と言われていたそうです。
同じようにムカデなども勝虫と呼ばれる昆虫ですが、見た目がオドロオドロしくなってしまうので・・・
図案化され、長く愛される着物柄になったのが「トンボ」です。赤とんぼなどは、日本人には馴染みの深い昆虫ですよね。

また、トンボは、秋に群れをなして空を飛ぶことが転じて、五穀豊穣を願う「穀霊の象徴」とされていました。
そのほかにも、害虫を取ってくれる水田耕作にとって欠かすことのできない貴重な益虫だったこともあり、
五穀豊穣を願う繁栄の象徴として、「縁起」の良い柄として着物や帯の文様に取り入れられています。

買取り、引き取りさせていただいたお品は、大切に使ってくださる方へ繋ぎます。

【着物買取専門店 菊乃屋】
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日祝
電話番号 0120-981-882
女性スタッフのみでご対応させて頂いております


関連記事